baus garden

2015年3月

001-暦は春、椿。

2015年3月14日

まだまだ寒い風がやまない。
 
椿_5513.jpg

雪つりもとけていないが薄桃色の椿がほころぶ。
 
 
 

002-梅の花。

2015年3月19日

雪で折れた鉢植えの梅の枝を水切りして挿しておいた。
 
梅_5532.jpg
 
なんとも可憐。
 
 
 

難しい漢字の名前。
 
サンシュユ_5527.jpg
アトリエでは冬が過ぎて一番に咲く花木。
 
 

004-越前海岸の花。

2015年3月22日

越前海岸よりはかなり遅いけど。
 
水仙_5534.jpg
 
清楚な水仙の香りは心がいやされる。
 
 
 

冬の間、雪に押しつぶされていながらも
たくましく花を咲かせる。
 
ローズN4380.jpg
 
カタクリのように下を向いて咲くので撮りづらい。
 
 
 

街なかでも早春を感じるレンギョウが見られる。
 
レンギョウ_5538.jpg
 
雪つりが解かれて陽射しの中では輝いて見える。
 
レンギョウ_5546.jpg
桜と一緒に見る機会が重なることが多い。

漢字で書くと、連翹(れんぎょう)という難しい字。
 
 
 
 

陽当たりも風通しもいい場所で2度枯れてしまった。
 
沈丁花_5542.jpg
アトリエの際、半日陰でうまく育っている白の沈丁花。
 
春を告げるかのようにいい香りを漂わせる。
 
 
 

レンギョウとユキヤナギは春を告げる早春の花木。
 
ユキヤナギ_5548.jpg
 
その名の通り、こぼれるように花が咲く、ちりばめたように垂れて。
 
種も飛び散るのかあちこちから新しく枝を伸ばす。
 
 
 
 
  

 

009-物静かな白椿。

2015年3月29日

優しげで優雅なピンクや、華やかで強い赤にくらべて
ひかえめで落ち着いた印象の白椿。
 
白椿_5557.jpg
 
目立たぬように、ひっそりと咲いているのが美しい。
 
 
 

ツルニチニチソウの小さな品種。
 
ヒメツルニチ_5560.jpg
春先の早い時期から咲き始める。
 
ツルニチニチソウ同様、青紫と濃い緑のコントラストがさわやか。
 
 
  

アカシア(フサアカシア)をミモザとも呼ぶらしい。
 
ミモザ_5575.jpg
成長が著しく早い。
 
ミモザ_5576.jpg
青空にレモンイエローが実に爽快。
 
 
 

← prev next→