Art+Design News

7年ほど使ってたAirMacのベースステーションが調子悪くなり
最新型のタイプに交換した。
 
Mac WiFi_8949.jpg
 
相変わらずのミニマムデザイン。オブジェか。
 
Mac WiFi_8950.jpg
 
旧型のだってこんなにシンプル。
これで建物内が無線LANになる。
 
 
 

和アーティスト展。

2015年10月 7日

E&Cギャラリーで開催。
 
和アート-0001.jpg
芸術文化に関する人材育成の講座受講生が企画・運営の展覧会。
 
越前和紙を使って、さまざまな業界の人たちが作品を発表する。
 
和アートN8405.jpg
プロダクトデザイナーの橋本洋子氏。
 
和アートN8407.jpg
グラフィックデザイナーの真田悦子氏。
 
和アートN8410.jpg
テキスタイルプランナーの前田博子氏。
 
和アートN8423.jpg
イラストレーターの森石おまり氏。
 
和アートN8427.jpg
他にも彫刻家や建築家、造形作家などが
それぞれの視点・手法で越前和紙にチャレンジしている。
 
 
 
 

アップルは最小限、最低限を意味するミニムというデザインの象徴。
 
アップル_8699.jpg
 
アップル_8698.jpg
iPhoeやiPadなどのパッケージもどんどん簡潔に。
 
アップル_8700.jpg
プロダクトとグラフィックが融合して、『らしさ』を増幅する。
 
アップル_8697.jpg
こんな別売の付属品のパッケージまで。
 
アップル_8704.jpg
ちょっと前のパッケージでも充分シンプルなのだが。
 
本来は障子や畳文化の日本デザインの本流ではないか。
 
 
 

小林雅子と松永亨子という二人の女性作家展。
 
ギャラリー_1129.jpg
 
ギャラリー_1139.jpg
 
油紙やブックアートによる小林雅子の作品。
 
ギャラリー_1134.jpg
 
ギャラリー_1135.jpg
 
松永亨子の作品。
 
ギャラリー_1133.jpg
 
ギャラリー_1128.jpg
 
記憶となって残された身体の感覚を、紙の素材をもとに表現する、
という主旨の女性作家たちの作品。

  
 
 

リモコンの役目。

2015年9月17日

教材にも活用している家電製品のリモコンについて。
 
リモコン001.jpg
 
パナソニックの使いやすいデザイン。
文字も判別しやすいユニバーサルデザイン。
 
リモコン003.jpg
 
シャープと東芝。家電の機種にもよるが
スペーシングが気持ちがいい。
 
リモコン006.jpg
 
SONYとプラマイゼロ。
リモコン自体がプロダクト製品。
使い勝手は割り切ってるのだろう。
 
リモコン_1098.jpg
 
テレビではないので比較にはならないが。
アップルにいたってはこう。すべてにおいて。
 
デザインの善し悪しではなく、目的の差異であろう。