baus garden

2014年6月

樹に咲く花。

2014年6月 1日

草花だけではなく樹木にも花が咲く。
 
いま現在咲いている樹。
 
ヤマボウシ_2187.jpg
いま街のあちこちでも見られる、ヤマボウシ。
実際には花ではないらしいのだが。
 
イボタ_2181.jpg
イボタノキ。
 
クロガネ_2185.jpg
 
ソヨゴ_2179.jpg
クロガネモチ(上)とソヨゴ(下)の常緑の花は小さくて目立たない。
かなり近寄って撮っている。
 
ソヨゴ_2180.jpg
ソヨゴは離れるとこんな具合。
 
シモツケ_2176.jpg
シモツケ。これも低木の樹木。
 
baus gardenの樹木はほとんどが花を咲かせる。
 
 
 
 
 

大和撫子。

2014年6月 2日

図鑑ではカワラナデシコ。
 
ナデシコ_2194.jpg
別名ヤマトナデシコともいうらしい。
5月末から連日の猛暑。
 
タイツリ_2190.jpg
季節外れのタイツリソウが一輪咲いた。
葉っぱの色とカタチがよい。
 
ムラサキツユ_2184.jpg
ムラサキツユクサ、の白。
 
ドクダミ_2191.jpg
ドクダミ。これは植えたものではない。八重のはかなりいいけど。
 
 
 
 

雑草のように。

2014年6月 4日

とても環境の変化に強いので、道路の分離帯や公園の生け垣によくあるアベリア。
 
アベリア_1269.jpg
ちょっと早咲きのピンク色のエドワードゴーチャーという種。
 
刈っても刈っても伸びて来る。根性がある。 

 
 
 

 

超撥水。

2014年6月 5日

福井の繊維の得意分野の一つ。
超撥水の傘・雨具やスポーツ衣料など。
 
超撥水_2200.jpg
これはリキュウバイの葉っぱ。
 
ハスの葉っぱなどの水をはじく
自然界の構造を科学的に検証して開発されたらしい。
 
  
 

ロングラン。

2014年6月 8日

去年の秋に植えて、一冬越したビオラ。
 
ビオラ_2235.jpg
 
春からず〜っと咲き続けてる。花ガラもとらずほったらかし。
 
今年は雪がほとんどなかったせいか。
 
  
 
 

沙羅双樹の花の色。

2014年6月 9日

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色の
沙羅双樹がこのナツツバキだという。
 
ナツツバキ_2249.jpg
本日一輪開花。哀しいくらい1日で落ちる。
  
 
 

梅雨の象徴。

2014年6月10日

梅雨入りしたとはいえ、まだ雨は少ない。
 
アジサイ06-09_2252.jpg
上品に淡く色づき始めた今朝のアジサイ。
 
これがこれからどんどん色彩の変化を見せる。
 
 
 

隅田の花火。

2014年6月11日

紫陽花の品種でバラや菊などと同様、
いろいろとこだわって栽培している人たちもいる。
 
隅田_2256.jpg
 
隅田_2266.jpg
 
薄く淡い水色と清楚なガクが趣がある。
 
 
 
 

ホタルブクロ。

2014年6月12日

根付いたら毎年山菜のようにニョキニョキと。
 
ホタルブクロ_2308.jpg
 
ホタルブクロ_2269.jpg
野山に自生している野性味がいい。
 
 
 

榊(サカキ)の花。

2014年6月13日

いわゆる神事で使ったり神棚にあげる樹。
 
サカキ_2291.jpg
下向きに小さな花をつける。
 
ほとんど目立たない、ひかえめな花。
 
 
 

伊豆の踊り子。

2014年6月14日

といっても紫陽花。
 
伊豆の踊り子_2423.jpg
楚々とした品のある控え目さがやさしい。
 
 
 

星花火。

2014年6月15日

紫陽花が次々とカタチになって拡がってくる季節。
 
伊予の薄墨_2422.jpg
 
これも園芸品種。小さくて可憐な紫陽花。
 
 
 

山アジサイ。

2014年6月16日

いわゆるガクアジサイ。
 
ガクアジサイ_2429.jpg
 
紫陽花本来の原種らしい。
 
 
 
 

キョウチクトウ。

2014年6月17日

漢字では夾竹桃と書く。
紫陽花もそうだが花の和名は難しいが情緒がある。
 
キョウチクトウ_2427.jpg
 
葉が竹に似ていて、花が桃に似ていることかららしい。
 
 
 
 
 

風にゆらぐ花。

2014年6月18日

白のガウラの開花は以前伝えたが。
 
ガウラ_2426.jpg
現在ピンクのガウラも次々と咲いて、
風にフワリフワリとそよいでいる。
 
 
 

ニワセキショウとこのネジバナは植えてはいないのだが。
 
ネジ_2583.jpg
 
むしろ春先から抜いても抜いても生えてくる。
 
強情でたくましいが、花をつけると一転、つつましくささやかに咲く。
 
もう抜けない。
 
 
 
 

桔梗一輪。

2014年6月22日

秋の七草のイメージがあるキキョウだが6月の終わりから咲く。
 
桔梗_2460.jpg
15cmくらいの矮性のキキョウ。実に可憐。
 
 
 

秋になって赤紫の実が美しいムラサキシキブだが。
 
ムラサキシキブ_2581.jpg
その実になる前の小さな花が咲いている。

 
 

草魂・アベリア。

2014年6月24日

街路樹や公園のあちこちで植栽されているアベリア。
 
アベリア_2585.jpg
国道や高速道路の分離帯にも植えられるくらい強いらしい。
 
切っても切っても伸びてくる。排ガスや雨不足でもたくましく成長する。
 
これからしばらくは小花が一斉に咲き続ける。そしてまた伸びる。
 
 

すでに世間一般ではあちらこちらに甘い香りが。
 
クチナシ_2779.jpg
周辺まで拡がる妖しい匂いの元はこのクチナシ。
 
しかし匂いにつられてか、虫がいっぱい集まって
花のカタチもすぐくずれてしまう。
 
 

街路樹や公園によく見られるナンキンハゼ。
 
ナンキンハゼ_2785.jpg
これが花なんだろう。
葉っぱのカタチですぐわかる。
 
あとハートに近いカタチの葉っぱのカツラもよく見られるが
残念ながらアトリエにはまだない。いつか加えたい。
 
ナンキンハゼ_2796.jpg
空に拡がり風にそよぐ樹形はとても爽やか。
 
 
 

別名でデイリリーともいうらしい。
 
ヘメロ_2804.jpg
雨の日の今朝、6月最後の日に静かに咲いていた。
周辺にはつぼみがまだいくつも準備している。
 
 
 

← prev next→